• 201706 « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • » 201708

乾かしては塗り乾かしてはの繰り返し

ジャンピエール・ティポーのシルクライン
天蚕を編み込んだフライライン
和式で言う所の馬素(アッチは馬の尻っぽのお毛ヶ)





数年前まで単なる懐古趣味と思ってた物
フライをやらない人は当然として
フライを趣味にしている方もコイツの本当のポテンシャルは分かってないでしょうね(笑
三年以上前に初めて友人に振らせてもらったシルクラインが強烈なインパクトとなって残ってます。

とにかく不思議な感覚なんです
何時もの感覚でロールキャストをすると...................。
ズルズルズルっとラインが水面から剥がれてリーダーまで奇麗に空中に浮いてしまう(笑

ラインスピードを上げても
逆に極端に下げてもコントロールが容易
ドラッグも掛かりづらい

僕のラインはまだまだ若いんですが
手入れ次第で僕何かよりも長生きする代物

使い捨てでは無い物がまた増えてます(^^;

この記事のトラックバックURL

http://crazycrowpit.blog9.fc2.com/tb.php/764-b5efc33e

コメント

巻き癖から開放されただけでも買った甲斐がありますな。あと意外と丈夫っすね。

一度CCさんのも振らせてください。私は29日出撃予定っす。アイツと5度目の勝負ですw
ティポーは
あらかじめドレッシングされていますので仕上がりが速いようです。
何分セッカチなもので(笑
不死鳥でも良いんですが馴染みのお店で扱ってますからね(^^;
もう離れられないでしょ?
アタシも離れられないんです。
なんかもういい色になってますなぁ。私のはまだまだ、ようやく先端がちょいと硬さが取れてきたけど。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99